Tシャツの素材について知ろう。

Tシャツの素材として一般的によく知られているのは、綿素材です。Tシャツは肌に直接触れるものなので、肌触りの良い天然の繊維が定番になっています。しかし最近では、合成繊維も進化してきて、用途にシャツの素材について紹介します。

綿の中でも編み方によって着心地は様々

衣料品店のTシャツ売り場などを見ていると、Tシャツの商品紹介として編み方が載っていたりしますが、その違いがあまり分からなかったり、気にせず好みのデザインで決めて購入されている方もおられるのではないでしょうか。例えば、天竺編みと書かれている場合は、生地の断面の凹凸が少なく、サラッとした感触で着心地が良いのが特徴になってきます。Tシャツによく使われているのがこの編み方で、通気性も高いです。また、鹿の子編みの場合は、天竺編みに比べて凹凸があり、ザラザラとした印象がありますが、その分、汗をかいてもあまり肌にくっつくことがありません。ポロシャツを想像していただくとよく分かると思います。あと、よく聞くのがフライス編み。これは、体へのフィット感が高く、耐久性もあるので、女性用のTシャツに用いられていることが多いです。

Tシャツの厚さも重要

購入前のTシャツを手に取ってみると、思ったより生地が薄かったとか、試着してみると透けて見えてしまうかもと思ったことはありませんか。Tシャツの厚さを測る時に使われる単位がオンスです。このオンスを確認してみましょう。大体、4.5から5.5オンスの厚さであれば問題ないと思います。それより薄いと透け感は気になりますが、価格は安く抑えることができます。それより厚いと耐久性は上がりますが、重さや伸びの悪さを感じたりすることがあるかもしれません。

ポリエステル素材について。

Tシャツに使われる合成繊維の代表としてポリエステル素材があります。通気性に加えて速乾性もあり、強度も高いので、運動をする際に選ばれる素材です。様々なスポーツで着用するユニフォームもこの素材が使われていることが多くなっています。また、綿とポリエステルと混合させた生地も増えてきており、着心地は綿のような感じでも、軽くて長時間快適に過ごせることもでき、とても重宝します。ただし、肌が弱くて合成繊維に不安な方もおられると思いますので、あらかじめ使用されている素材を確認しておきましょう。
自分の好みのTシャツを見つけてみましょう。

素材や編み方について紹介しましたが、Tシャツを購入する際は、その目的や用途に合わせて、実際に着心地を体感した上で決めるといいでしょう。

Yohei_Ogataさん(@yohei0614ogata)がシェアした投稿

Follow me!