Tシャツ(半袖・長袖)のレディース部門ランキング上位は

レディースのTシャツと言うと、体のラインに沿ったぴったりしたタイプから、男性のTシャツと同じように緩めのデザインまで様々ありますが、毎年その流行は変わるので今のトレンドがどの様なタイプなのか、紹介しながら解説していきます。レディースの場合だとTシャツ(半袖・長袖)の中に七分袖やノースリーブなども入ってくるので、一口にTシャツと言ってもそのデザインは本当に様々です。

コットンボックスとビッグTシャツ

トレンドのデザインの一つとしてコットンボックスTシャツがあります。コットン生地でできているので厚みがあり、1枚でスタイリッシュな着こなしができるタイプです。袖の長さは半袖よりも少し長めなので、スカートと組み合わせてもパンツと合わせてもどちらでもぴったりです。ビッグTシャツは、その名の通り大きいシルエットが特徴のタイプで、体型カバーにもぴったりの1枚です。スキニージーンズなどと組み合わせると細見え効果もあり、カラー展開も豊富なので年齢を問わず人気があります。

ayakaさん(@29aak)がシェアした投稿

ノースリーブとフレンチスリーブ

夏に向けて人気が出てくるのが涼しさ重視のノースリーブTシャツです。言わずもがな袖は全くありませんので、二の腕を出すことに抵抗のない方向けではあります。こちらは大きめのロゴやデザインがやや派手目のタイプの方が、二の腕に注目がいかないので着やすいという利点があります。あまり腕を出す事に自信がない方はフレンチスリーブのタイプで、程よく二の腕をカバーしてくれる1枚を見つけると涼しさと体型カバーの両方ができていいでしょう。

袖レースのタイプでガーリーに

いくら暑くてもデートの時に可愛らしくいたい女性には、袖をレースに切り替える事でTシャツの通気性などはそのままにガーリーな雰囲気もだすことができます。フラワーレースを使用しているタイプなら、ストライプのデザインですっきりと見えて、レースの袖でふんわりとした雰囲気も演出でき一石二鳥です。ブラウスなどと違い、甘すぎないところも魅力の一つと言えます。

まとめ

女性のTシャツは範囲が広く、男性の場合は、スーツ着用時は着る機会がほとんどないTシャツでも、女性ならスーツの下に着ることもできます。ビジネスシーンでも着用可能な1枚もあるので、何枚あっても困る事はないのです。プライベートでも買い物などの近所用はもちろん、デートなどのお出かけでジャケットやカーディガンと合わせて着る事もできるので、ノースリーブやフレンチスリーブから長袖まで揃えておけば、まさに一年中着まわせるアイテムとして活躍します。

Follow me!